BLOGブログ

成人式の写真ってどう残しますか?アルバムで残すメリットとは!

成人式の写真撮影で気になる、アルバム作成についてのメリットをご紹介!「データがあればいい?」「アルバムいるかなぁ」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください!

大切な思い出である、成人式の写真の残し方

まず一つ言える事が、どんなに面倒でも1枚は写真を撮ることをオススメします!いずれ懐かしい思い出になるはずです!

そして、撮影した後はどんな商品として仕上げるかになってきます。
写真の商品は大きく分けて、「アルバム」か「データのみ」という商品に分かれてきます。
店舗によっては、データのみでのお渡し商品があったり、昔からある六切り台紙タイプが、振袖レンタルとセットになり写真が含まれているパターンなどがあります。
データで撮ってもらい、その後フォトブックなどを利用してご自身でアルバムを作成するのもいいでしょう!
その場合、お友達との写真も含めたりして、完全オリジナルのアルバムを作ることもできますね!
ご自身で作成するのが難しい場合は、オシャレなアルバムを注文するのもアリだと思います!
大切な20歳の記念は今しかありません!写真やアルバムという形で残しておきましょう!

成人式の写真アルバムを作成するメリットって何?

アルバムで残すメリットとしては、まず写真が見やすいということ!
お父さんお母さんはもちろん、おじいちゃんおばあちゃんにも観てもらう事があると思います。
携帯やパソコンに入っているデータでは、なかなか見せ辛い事が多々あります。
アルバムという形でゆっくり観てもらい、喜んでもらいましょう!

データのみでもいいの?

もしデータのみでアルバムを作っていない場合、データは消える可能性があります。
しかも消えてしまう時は一瞬です。
DVD-Rでも同じです。一生消えないという保証はありません。
データのみで購入されて方でも、何かしら形として残しおいてくださいね!
実際、消えてしまった後にショックがきます。

アルバムのデメリットは?

唯一デメリットとして、六切りサイズの台紙って意外に大きい事です。
先ほど例にあげた、おじいちゃんおばあちゃんに観てもらう場合や、プレゼントするのであればベストなサイズですが、収納するには少しサイズが・・・ってなります。
そこも考えてアルバム選びをするのもポイントの一つです!
カメラマンとしては、押入れの奥ではなくせめて本棚には置いててもらいたいですね!

成人式アルバムの種類と最近の傾向

アルバムの種類については、昔からある六切り台紙タイプ、写真がたくさん入っていてデザインされたデザインアルバムタイプ、その他オプションなどでフォトフレームにして残すなどがあります。

六切り台紙とは

六切り台紙は、単独(1面)、2面、3面などがありほとんどの場合、一面に一枚の写真が入っている事が多いです。
最近では表紙の種類も増えており、大手の写真スタジオでは数種類の表紙が準備していることもあります。

デザインアルバムとは

デザインアルバムは、1ページに写真を数枚配置しおしゃれな雰囲気で作成されています。
目線を外したカットや、写真の下に着物の柄を透かしで入れたりなど、デザインは様々でオリジナルアルバムが欲しい方にはオススメの商品です!
ロケーション撮影で、風景を活かして見開きいっぱいのデザインなどもインパクトがあっていいですよ!

オプション商品にも注目

オプションによくある、フォトフレームや写真パネルなどは、おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントなどに最適です!
小さな頃から知っている、おじいちゃんおばあちゃんです!きっと喜んでもらえますよ!

最近の傾向は?

最近の傾向としては、あまり大きなアルバムよりはコンパクトなアルバムが好まれている様に感じます。
結婚式やお子さんの撮影でもそうですが、20cm四方のサイズが持ち運びに便利との声をよく聞きます。

まとめ

今回はなぜアルバムがいいのか!?について解説させていただきました。
最終的に一番オススメなのが、アルバムもありデータも追加料金なしで一緒にもらえるプランがベストです!
アルバムは、将来安全に残すものとして、データは身近な家族や友人、SNSなどで共有する事が容易になるなどのメリットがあります!
どんな形にしろ、写真をたくさん残すことをオススメします!

当フォトスタジオでは大分県大分市を中心に成人式の写真や、そのほか様々な写真撮影を行っています。
撮影後は、アルバム作成まで行っているので気になる方は一度ご相談ください。

SHARE!

BLOG TOP